「初めてのオンラインカウンセリング – これだけは知っておくべきポイント」

オンラインカウンセリングの基本

オンラインカウンセリングは以前からおこなわれていましたが、コロナ禍の影響もありここ数年で一気に注目が集まっています。

カウンセリングを受ける文化があるアメリカでも、費用、公共交通機関の不足、カウンセラー不足などのさまざまな障害により、アメリカ人の 70% が従来の心理相談室でのカウンセリングを受けることができないとされておりました。

日本においても、カウンセリングや心理相談の専門家とされている臨床心理士は都心部に集中しており、地方に住んでいると対面カウンセリングを受けることへのハードルの高さがあります。

しかし、インターネットを利用したオンラインカウンセリングであれば、相談室までの交通費や時間が節約できたり、生活スタイルや予算に合わせた方法で自身のメンタルヘルスのケアが簡単になったりするメリットがあります。さらに、研究によると、オンラインによるカウンセリングは、対面によるカウンセリングと同じくらい効果的である可能性があることも示されています。

オンラインカウンセリングを受ける3つの方式

 

オンラインカウンセリングの種類はその形態として、3つ挙げられます。

1 テキストメッセージ(メール、チャット)によるカウンセリング

2 音声通信によるカウンセリング

3 ビデオチャット(ZOOMなど)によるカウンセリング

に分類されます。

1 テキスト(文字)によるカウンセリング

  • プライベートのオンラインチャットルームを通じて実施されることが多いです。
  • 他のオンラインカウンセリングの方法と比べ、時間の制約なしに、カウンセラーにメッセージを送信することができます。
  • ビデオチャットや音声通話よりも時間がかかる場合があります。
  • カウンセラー側が非言語的な手がかりを観察することができないため、相談者の感情状態を解釈するカウンセラーの能力が制限される可能性があります。

2 音声通話カウンセリング

  • アプリ等の電話機能を使って実施することが多いです。
  • カウンセラーとリアルタイムで会話してカウンセリングを進めます。
  • 口頭でのコミュニケーションが可能であるため、感情を表現したり複雑な問題について話し合ったりすることができます。
  • テキスト(文字)によるカウンセリングと同じく、相談者の非言語的な手がかりは観察することが難しいため、相談者の感情状態を解釈するカウンセラーの能力が制限される可能性があります。

3 ビデオチャットカウンセリング

  • プライベートが守られたプラットフォームを通じて実施します。
  • カウンセラーとリアルタイムで会話するすることができます。
  • 口頭および非言語コミュニケーションが可能になり、感情を表現したり、複雑な問題について話し合ったりすることがしやすくなります。
  • 実際にカウンセリング相談室にいることに最も近い感覚を得られることができます。
  • 安定したインターネット接続とカメラとマイクを備えたデバイス(PCとwebマイクまたは、スマートフォン等)が必要です。

オンラインカウンセリングを受ける前に確認したい5つのポイント

オンラインカウンセリングは、便利で効果的な方法ですが、事前にポイントを知っておくことが重要です。以下に初めてのオンラインカウンセリングについて知っておくべき5つのポイントを挙げます。

  1. セキュリティとプライバシーの確保

オンラインカウンセリングでは、セキュリティとプライバシーが最優先です。信頼できるプラットフォームやソフトウェアを使用し、通信が暗号化されていることを確認しましょう。また、カウンセリングセッション中に他の人が聞こえないような静かな環境を選ぶことも重要です。

  1. 適切なテクノロジーの使用

オンラインカウンセリングには、ビデオ通話、チャット、音声通話など、さまざまなテクノロジーがあります。自分にとって最も快適な方法を選びましょう。ビデオ通話を選ぶ場合は、カメラやマイクが正常に動作することを確認してください。

  1. 適切な場所と環境の選択

オンラインカウンセリングでは、自宅やプライベートな場所で相談を受けることが多いです。カウンセリングを受ける際には、他の人が邪魔にならないような静かで落ち着いた場所を選びましょう。背景には個人情報やプライバシーに関わるものが映らないように注意しましょう。

  1. テスト接続と技術サポート

カウンセリングの前に、テスト接続を行っておくことをおすすめします。インターネット接続やオーディオ・ビデオの設定が正常に機能しているか確認しましょう。また、万が一技術的な問題が発生した場合に備えて、カウンセリングサービスの技術サポート体制を確認しておくことも重要です。

5 オンラインカウンセリングの利点と制約の理解

オンラインカウンセリングは多くのメリットがありますが、同時にデメリットもあります。オンライン環境では、非言語的なサインや身体的な反応が制限されることがあります。また、緊急時の対応や身体的な支援が難しい場合もあります。これらのメリットとデメリットを理解し、自分に合ったカウンセリング方法を選ぶようにしましょう。

オンラインカウンセリングは対面によるカウンセリングと比べて便利な面がありますが、オンライン特有の始め方があります。以上のポイントを把握しておくことで、オンラインカウンセリングの相談を円滑に進めることができます。カウンセリングを受ける前に確認しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました